薄毛は女性もなる

薄毛と言えば本来男性だけがなるものと決めてかかっている人たちもいますが、実際にそうではありません。
AGAとは男性型脱毛症であり、男性ホルモンが大きく影響します。
男性型脱毛症が男性特有と言うことでも実際にはないようです。
しかし女性の人たちは、男性型脱毛症とは言わず、AGAと区別をして、 正確には女性男性型脱毛症(FAGA=FemaleAGA)と呼びます。
ただしAGAはAGAですが。

AGAは男性ホルモン・ テストステロンが毛根にある毛乳頭に入り込み、 5αリダクターゼ酵素によってジヒドロテストステロン(DHT)へと変化します。
ジヒドロテストステロン(DHT)が毛母細胞に入り込むことで、毛母細胞の分裂が活発に行われなくなってしまうのです。
そして発毛効果が遮断されることになります。
毛周期のサイクルが乱れて、髪の毛が成長する前に抜けてしまうことになります。
レセプター(受容体)が関与し、このレセプター(受容体)は、遺伝と深く関わっていると言われています。

なのになぜ男性だけでなく女性もAGAになってしまうのでしょうか。
実際に男性ホルモンと言うから男性特有のホルモンと考えてしまいがちですが、女性の人たちでも男性ホルモンを持っています。
男性ホルモンのテストステロンやジヒドロテストステロンが体内で合成されて毛髪に影響を与えるというメカニズムは実際には男性と何ら変わらないのです。
でも男性のAGAと女性のAGAとちょっと違うといわれている理由はなんなのでしょうか。




Copyright © 2014 女性の薄毛の原因と解決策を探る! All Rights Reserved.